男の副業情報ナビ|サラリーマンが脱サラするほど儲かる副業

現在でもある昔ながらの内職

2016-01-20

【現在でもある昔ながらの内職】ed7efa99b26c67ae94020e795ac0153b
自宅で可能な仕事といえば、昨今はPCを使った作業が殆どです。
ただ、PCはネットを閲覧する程度とか、文章を考えるのが苦手という方もいるでしょう。そういった方には昔ながらの内職がオススメです。
内職でイメージするのは人形の加工や傘貼りなどでしょうが、現在はプラスチック製品を加工した際に出来るバリを取り除いたり、配布する冊子の指定された箇所に訂正のシールを貼ったり、封筒にチラシを入れたりといった作業が主流です。
勿論、メリットとデメリットもありますから、その点を踏まえて始めるかどうか決めましょう。
まずメリットですが、PCの場合、納品はメールに添付して送信しますが、内職も委託元が業者を手配して回収してくれたり、宅急便の集荷着払いが可能だったりします。
これは、小さなお子さんがいらっしゃる方や、交通の便が悪い地域に住んでいる人にとっては願ったり叶ったりですよね。
次にデメリットですが、まず、依頼を受けた在庫の保管場所に困ることが挙げられます。場所をとらないパンフレットなどは重たいという弱点がありますね。
また、在宅ワークの中でも、内職というのは最も単価が安いものになります。なので、いくら効率的に作業しても生活費にはなり得ませんから、お小遣いや生活費のちょっとした足し程度に捉えておいた方が割り切って働けるでしょう。

現在でもある昔ながらの内職 / 現在でもある昔ながらの内職 / 現在でもある昔ながらの内職 / 現在でもある昔ながらの内職 / 現在でもある昔ながらの内職

Copyright(c) 2016 男の副業情報ナビ|サラリーマンが脱サラするほど儲かる副業 All Rights Reserved.